メインイメージ メインイメージ

ローヤルゼリーによる病気の予防・改善(ED)

ED(勃起不全)は、勃起が得られなかったり、勃起の維持ができず性交に支障をきたす状態をいいます。
なかなか人には言いづらい悩みですが、40代の5人に1人がEDを患っていると言われているほど身近なものです。

そのEDの予防・改善にローヤルゼリーの効果が期待されています。
今回は、EDとローヤルゼリーの関係について見ていきましょう。

EDにローヤルゼリー

EDは加齢と共に生殖機能が衰えると、多くの男性に起こるものです。
しかし加齢に加え、ストレスや栄養不足、生活習慣の乱れなどがあるとEDが起きやすくなります。
ED患者が若い人にも多いのは、この栄養不足や生活習慣などが大きな要因だと考えられています。

悪習慣は、ホルモン分泌や生殖機能をコントロールしている自律神経の乱れを引き起こします。
また、EDの予防や改善には、生殖機能だけではなく、血流が良くなくてはいけません。
しかし、生活習慣や食習慣が乱れると、肥満、高脂血症、高血圧を引き起こし、血流悪化に繋がります。
さらに、食習慣の乱れにより体を作るのに必要な栄養素が不足していては、勃起に必要なホルモンや血液も作ることができません。

ローヤルゼリーにED予防・改善効果が期待されているのは、ローヤルゼリーに含まれている40種類以上もの豊富な栄養素に理由があります。
その中には、生殖機能の維持に関わる栄養素や、血流改善、ホルモン分泌を促す働きのある栄養素も含まれているのです。

それでは、ローヤルゼリーに含まれる主な、ED予防・改善サポート成分についてみていきましょう。

ローヤルゼリーのEDサポート成分

たんぱく質(アミノ酸)

たんぱく質は血管や内臓といった人体を構成する細胞の材料になる栄養素で、生殖機能を維持するのにも欠かせません。
ローヤルゼリーには24種類のたんぱく質が含まれています。

特に注目したいのはアルギニンです。
アルギニンには血管を拡張させて、勃起にも必要な血流をアップさせる働きがあります。
また、ギャバの名前でも呼ばれるγ-アミノ酪酸は、脳の神経に働きかけて気持ちをリラックスさせる効果があり、ストレスや緊張感を緩和させてEDの予防・改善をサポートします。

ビタミン類

ビタミンは栄養の代謝を促したり、脳神経の正常化を促す働きがあり、ストレス緩和や性的刺激を得るのに必要な栄養素です。
ローヤルゼリーには10種類のビタミンが含まれており、特にパントテン酸やコリンにストレス緩和効果があります。

ミネラル

ローヤルゼリーには8種類のミネラルが含まれています。
その中の亜鉛は、EDで特に注目したい栄養素です。
亜鉛はホルモン分泌を促す働きがあり、男性ホルモンのテストステロンの分泌に関わっています。
精子の形成にも亜鉛は不可欠である一方、栄養素としては不足しがちで、意識的に摂取していく必要があります。

特有成分

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸は、ローヤルゼリーにしか存在しない特有成分です。
デセン酸には自律神経を整える働きがあり、EDの予防・改善をサポートします。

ローヤルゼリーはEDのためのお薬ではなく、不足しがちな栄養を補える栄養補助食品です。
そのため、周囲にEDを気にしていると知られたくない人にも取り入れやすいです。

EDは栄養の他にも、運動の習慣をつけたり、喫煙や過度なアルコール摂取を控えることも大切です。
ローヤルゼリーを取り入れつつ、日常生活の見直しに取り組んでみてはいかがでしょう。

関連コラム一覧