女性ホルモン

ローヤルゼリーと女性ホルモンの関係

ローヤルゼリーにはデゼン酸と呼ばれる成分が含まれています。
デゼン酸は自然界ではこのローヤルゼリーにしか含まれていないとされており大変貴重な成分です。
デゼン酸とは不飽和脂肪酸と呼ばれるものの一種であり、体内に含まれると女性ホルモンであるエストロゲンと同じ作用を発揮します。

よってこのデゼン酸を摂取することで、ホルモンバランスの調整作用や美肌、アンチエイジング効果、抗酸化作用や生活習慣病予防、またエストロゲン依存症の病気の予防といった効果を期待することができるのです。
またローヤルゼリーにはアセチルコリンという重要な含有物も含まれています。
アセチルコリンとは本来脳内の神経伝達物質のことです。
このアセチルコリンには自律神経のバランスを整える作用があり、この物質によって更年期障害や自律神経失調症といった自律神経の乱れが原因の疾患の改善に大きな効果をもたらします。
また、生ローヤルゼリーのほうがより効果を実感しやすいです。

そもそも更年期障害とは女性ホルモンのバランスが乱れることによって、生理周期の乱れや閉経、さらには精神的不調を感じてしまうものです。
アセチルコリンによって自律神経の乱れが改善されるため女性ホルモンのバランスが保たれ、更年期障害を改善することにつながるのです。
人間は加齢とともにホルモンのバランスが崩れてきてしまいます。

特に女性は女性ホルモンのバランスが崩れると更年期障害などに起因するさまざまなつらい症状に悩まされることになってしまいます。
ローヤルゼリーに含まれる2つの重要な成分であるデゼン酸とアセチルコリンは、前者は体内に摂取されることにより女性ホルモンと同じ働きをし、後者は女性ホルモンのバランスを整えてくれます。
ホルモンバランスの崩れを敏感に感じやすい女性にとってこれらの成分は非常に重要なものであり、かつこれらの成分が含まれているローヤルゼリーはホルモンバランスが乱れがちな中高年の女性にとっては重宝すべき食物であるといえるでしょう。
口コミで人気のローヤルゼリーこちらの記事も是非ご覧ください。

Copyright(C) 2013 栄養価が素晴らしい効果のある栄養素 All Rights Reserved.