女性ホルモン

天然の健康素材ローヤルゼリー

さまざまな成分を含む天然の健康素材であるローヤルゼリーとはそもそもどのようにして生成されるのでしょうか。
http://buffaloridgefarm.com/avodart.htmlにも書いてあるようにローヤルゼリーとは厳密にはミツバチの若い働き蜂が花粉や蜂蜜を食べ、体内でそれを分解、合成し、働き蜂の上顎と下顎の咽頭腺などといった分泌腺から分泌する物質のことを言います。
これは女王蜂となる幼虫や女王蜂となった成虫が食するものになります。

ミツバチは卵の段階ではすべてメスですが、孵化してから3日間のみローヤルゼリーを食し、4日目以降は蜂蜜と花粉の実を食べるように育てられた成虫は働き蜂に成長します。
対して、女王蜂として育てられた成虫は孵化してから死ぬまでこのローヤルゼリーのみを食べ続けることになるのです。
この物質を食べ続ける女王蜂と、蜂蜜と花粉を食べる働き蜂には大きな違いがあります。

成虫になった女王蜂は働き蜂に比べて3倍から4倍の大きさとなり、寿命は普通の働き蜂の30倍から40倍にもなります。
そして働き蜂は卵を産むことができませんが、女王蜂は毎日1500個もの卵を産み続けるのです。
まさにローヤルゼリーは、ミツバチたちにとって自分たちのコロニーを支えるためになくてはならない成分であるといえます。

どれほど高い栄養価が備わっているかは、ローヤルゼリーを食べ続ける女王蜂と食べない働き蜂との間にこれほど大きな差があるということからわかるでしょう。
現在日本においては「生ローヤルゼリー」「乾燥ローヤルゼリー」「調製ローヤルゼリー」の3種類に分類しています。
この中でも最も貴重なものが生タイプです。
こちらの種類は働き蜂が自らの分泌腺から分泌したローヤルゼリーを72時間以内に採取したものを指します。
凍結乾燥させる乾燥タイプや、乳糖や蜂蜜等の調製剤が加わり濃度が落ちた調製タイプと異なり、最も新鮮で純粋なローヤルゼリーであるといえるのです。
誰もが気になるローヤルゼリーの副作用についての記事も必見です。

Copyright(C) 2013 栄養価が素晴らしい効果のある栄養素 All Rights Reserved.